Menu

交通事故・労災

Home

交通事故によるケガの治療

「通院しているが改善しない」等、お悩みの方へ  

しばやま鍼灸接骨院では、トップアスリートの治療など豊富な治療経験を活かし、むち打ち症など交通事故による怪我の治療を 行なっています。事故当初に自覚症状がなくても、交通事故にあってしまったらまずは受診しましょう。交通事故によるむち打ち症(外傷性頚部症候群・頚椎捻挫)・腰の痛みなどは少し時間が経過してから発症する場合があり、その場合専門的な治療が必要になります。「病院で湿布や痛み止めをもらったけど症状が改善しない」「通院しているけど治らない」などでお悩みの方は当院での治療をお勧めします。病院と併用しての通院も可能です。船橋市芝山、飯山満、高根地区にお住まいの方など是非お試しください。土日も診療しており、駐車場も完備しています。また、当院では弁護士や行政書士などとも連携し医療・法律の両方で患者様をバックアップいたします。

交通事故でのケガ 治療の流れ

1.まずは当院にご相談ください(直接来院・メール・電話など)

※交通事故に遭ってしまったけれど、どうしてよいか分からない、病院で湿布を貰ったけどあまり改善しないなど、お一人で悩まずにお話をお聞かせください。
※保険会社が接骨院(整骨院)の受診を了承しないなどトラブルがありましたら、当院より担当者へ連絡いたしますので遠慮なくご来院ください。

2.お怪我をした時の様子や症状の現れかたなどお体に関するお話を聞きます。

※むち打ち(外傷性頚部症候群・頚椎捻挫)など交通事故に遭われお怪我をされてから当院受診までの過程などもお伺いします。整形外科など病院との併用も可能です。

3.治療を開始します。

4.治療後のお体の様子と治療に関する相互評価を行います。

※具合に合わせて治療内容を変更したり、新たに追加したりします。

むち打ち損傷(外傷性頚部症候群・頚椎捻挫)

むち打ち損傷(外傷性頚部症候群・頚椎捻挫)は交通事故などによる追突などの衝撃により頚椎が過度に伸展し、次いで屈曲されて生じるものです。多くは骨傷や靭帯損傷を伴わないため、病院での治療においても湿布程度の処置と定期的な診察しか行われません。
しかし、私自身のむち打ちの経験では受傷翌日に痛みで首が動かなくなり、強い痛みはすぐに治まりましたが、その後も痛いような、ダルイような何とも表現しようのない違和感が続きました。仕事も集中できず、本も読む事が出来ません。この様な症状は、なった人にしか分からないものです。今考えればもっと早く治療手段を取っておけば良かったと後悔しました。

治療法

病院での治療は湿布と鎮痛剤、接骨院(整骨院)において治療は電気治療とマッサージ。それで治れば良いのですが、なかなか治らないのがムチ打ち症です。
当院での治療は体のバランスや構造的な欠点にまで着目し、症状のある部分だけにアプローチする対症療法だけにならようにリハビリ治療にも力を入れています。
豊富な治療機器と適切な処方により、早期の回復を目指します。
※撮影の為脱衣していますが、原則治療は着衣のまま行います。

超音波によるコンビネーション療法や超短波を使った星状神経刺激療法など、物療機器を駆使して治療に取り組んでいます。

交通事故でのケガの治療Q&A

初めて事故に遭ってしまったらQ&A

Q1)交通事故でのケガは接骨院(整骨院)で治療を受ける事が出来ますか?
A1)はい、出来ます。交通事故でケガをされた場合、患者様は病院や接骨院(整骨院)などを自由に選び、治療を受けることが出来ます。

Q2)治療費はどれぐらいかかりますか?
A2)交通事故でケガをされた場合は、自賠責保険適用となりますので、患者様の負担はありません。

Q3)交通事故のケガで入院していました。接骨院で退院後のリハビリはできますか?
A3)はい、出来ます。柔道整復師は捻挫や骨折などの治療やリハビリの専門職です。

Q4)初めて事故に遭ってしまいました。どうしたら良いのでしょうか?
A4)必ず最寄りの交番や警察に連絡しましょう。事故当初は気持ちが緊張してどこも痛くなくても後から痛くなることがありますから、相手(加害者)の名前、連絡先、車のナンバーを控えておくとよいでしょう。警察に事故証明書を発行してもらう事が大切です。

Q5)交通事故によってケガをした場合被害者は,どのような請求ができるのでしょうか?
A5)交通事故によりケガをした場合には,次のような賠償金を請求することができます。
① 治療費,付添看護費,入院雑費等
実際に病院などに通った場合にかかる費用など。
② 休業損害
会社を休まなくてはならなくなった分の給与相当額など。
③ 入通院慰謝料
ケガに伴い病院への入院や通院している間に受ける精神的苦痛を賠償するものです。
④ 後遺障害による逸失利益
後遺障害が残ってしまった場合、これからの労働能力に影響を及ぼす場合,その分の賠償です。
⑤ 後遺障害慰謝料
後遺障害が残ってしまった場合、それに対する精神的苦痛を賠償するものです。

Q6)加害者側の保険会社から健康保険を使って欲しいと言われました。被害者なのに、なぜ自分の保険を使わなければならないのですか?
A6)保険会社から言われたからといって被害者側に健康保険を使う義務はありません。しかし、以下の場合健康保険を使う事で被害者側にも一定のメリットがあります。
①被害者にも過失がある場合~被害者にも過失がある場合、過失に相当する部分については被害者負担となります。自己負担分を考えた場合、健康保険の方が単価が安いので、こちらを利用した方が得な場合があります。
②治療費を被害者本人が立て替えている場合においても立替金額が安くすみ、被害者にメリットがあります。

Q7)自賠責保険や任意保険の事がよく分かりません。
A7)交通事故の治療費は基本的に加害者が加入している自動車保険で支払われます。
①自賠責保険とは
全ての車両(例外があります)が加入しなければならないのが自賠責保険です。この保険に入らないと車両を運転する事ができないので強制的に加入しなければならない為、強制保険とも呼ばれています。この保険は加害者に弁済能力がなくとも限度額(ケガ120万、後遺障害4000万、死亡3000万)までは補償するという被害者救済のために作られた保険です。
②任意保険とは
任意保険は、加入するかしないかは任意ですが、もし相手に大ケガをさせ自賠責保険の補償限度額を越えた場合、その不足分は加害者自身が賠償しなければならない民法上の義務があります。現実的に支払う事が困難な事が多い為、多くの人が自賠責保険の上積みとして加入しています。

Q8)病院との併用は可能ですか?
A8)はい、可能です。基本的には病院の診断に基づき治療を進めた方が良いでしょう。しかし医師には、少しでも痛い所があればそれを全て伝えておく事が大切です。

Q9)現在治療を受けている病院や整骨院を変更する事は可能ですか?
A9)はい、可能です。「自宅や会社から遠くて通いにくい」とか「なかなか改善しない」など変更したい場合は、加害者側の保険会社へ転院する旨を伝えて頂くだけで結構です。

Q10)治療を受ける際、保険会社への手続きは大変ですか?
A10)加害者側保険会社に、当院に通院する旨だけお伝え下さい。当院に来院後でも大丈夫です。まずは当院にご相談下さい。

Q11)通勤帰りに交通事故でケガをしてしまいました、どうしたら良いですか?
A11)当院は労災(労働災害)の指定を受けている接骨院・鍼灸院です。国民健康保険などの各種保険による治療の他、交通事故や労災による治療も行っています。

Q12)治療を受ける医療機関や接骨院(整骨院)は保険会社が決めるのですか?
A12)治療を受ける際、どこの病院や接骨院にするかは、治療を受ける患者さん本人が決める事が出来ます。決して保険会社が強制することは出来ません。

Q13)接骨院(整骨院)で診断書証明書は発行してもらえますか?
A13)はい、可能です。警察提出用の証明書を発行します。また損害保険など掛けられていればその証明書も作成します。

Q14).加害者が「保険に加入していない」と言っているのですが…
A14).車を所有している方ならば、必ず強制保険(自賠責保険)が車検に付帯して入っているはずです。任意保険に入っていない人はいます。この場合は加害者さん、あるいは被害者さんが直接手続きする事になります。手続きもしっかりサポートさせて頂きます。ご安心下さい。

Q15)首に軽く違和感があるだけなのですが、症状が軽くても自賠責保険で治療は受けられますか?
A15)はい、可能です。むしろこのようなケースは症状が長引く事が有ります。症状の重い軽いは関係なく治療を受けた方が良いです。初めのうちは症状が軽いので放っておいて、後から辛くなってくる事もあります。少しでも「おかしい」「変だ」と感じたら、早めに受診することをお勧めします。

Q16)事故後、何日か経ってから症状が出てきましたが、治療は受けられますか?
A16)症状と原因の因果関係が明確で、事故後あまり日数が経過していなければ可能です。しかし、少しでもおかしいと思ったら早めに受診することをお勧めします。

Q17)通勤中や仕事中の交通事故は労災になる?
A17)通勤中や仕事中での交通事故は労災が認められます。

Q18)自賠責保険と労災保険の関係
A18)仕事中のケガは労災、交通事故は自賠責保険があります。保険の二重鳥にならない様、基本的に自賠責保険と労災保険、どちらかひとつしか使えない事になっています。

Q19)自賠責と労災、どちらを使うべき?
A19)事故の内容や加害者との示談交渉などにより異なるようですが、最終的にどちらの保険を使うかを判断するのは被害者自身の選択になります。ケースバイケースのため専門家に相談してみるのが良いと思います。

むち打ち損傷の分類

現在でもスタンダードなのは「土屋の分類・1968年」です。しかし最近ではむち打ち損傷後に線維筋痛症や低髄圧症候群を合併している例が報告されており診断が複雑になっています。

頚椎捻挫型(頚部捻挫、頚椎捻挫、外傷性頚部症候群)

頚部、項部の筋線維が過度の伸長などにより部分的断裂を起こし、頚椎周辺組織(前後縦靭帯・椎間関節包・椎弓間靭帯・棘間靭帯)が傷害されます。
【症状】
頚部筋、項部筋、肩甲部筋、などの圧痛、頚椎運動制限、運動痛
※神経症状は認められない。もしくは一過性
※頚椎捻挫の約7割を占め、その多くは受傷後3ヶ月以内癒するといわれています。

根症状型(頚部捻挫、外傷性頚部症候群、頚椎神経根症、頚椎椎間板ヘルニア)

椎間孔内の出血や浮腫、瘢痕形・椎間板損傷により椎間板が突出・変形性頚椎症の骨棘・椎間孔の狭小化・Luschka関節の骨棘形成や小骨折などが神経根を圧迫、刺激して発症します。

【症状】
頚椎捻挫型の症状に加え、末梢神経分布に一致した痛みや知覚障害、その他筋力低下などがあります。

バレー・リュー症状型

頚部の損傷により頚部交感神経が刺激され(発症機序には諸説あり)、頭痛、めまい、耳鳴り視障害、嗄声、首の違和感、摩擦音、易疲労性、血圧低下などの自覚症状を主体とする症状を訴えます。

根症状+バレー・リュー症状混合型

根症状とバレー・リュー症状型が混合したものです。

脊髄症状型

腱反射の亢進や病的反射など脊髄症状を呈します。

ページの先頭へ
当院は柔道整復と鍼灸での労災指定を受けております。
おケガに対する痛みや機能障害に対するリハビリや鍼治療など各専門スタッフが担当します。
一日も早い職場復帰を目指します。

労災保険制度とは

労災保険制度は、労働者の業務上の事由または通勤による労働者の傷病等に対して必要な保険給付を行い、あわせて被災労働者の社会復帰の促進等の事業を行う制度です。その費用は、原則として事業主の負担する保険料によってまかなわれています。
労災保険は、原則として一人でも労働者を使用する事業は、業種の規模の如何を問わず、すべてに適用されます。なお、労災保険における労働者とは、「職業の種類を問わず、事業に使用される者で、賃金を支払われる者」をいい、労働者であればアルバイトやパートタイマー等の雇用形態は関係ありません。

労災保険

「労災隠し」は犯罪です

万が一雇用者がが労災に該当する事故があったにもかかわらず、それを隠し、健康保険等での治療を指示した場合いわゆる「労災隠し」に該当します。厚生労働省が撲滅に取り組んでいますが、なかなか無くならないのが現状です。労災隠しはれっきとした犯罪であり、それに従うことは違法行為に手を貸すことになります。
厚生労働省の関連ページ>

ケガをしてしまったら・・・

①お仕事中や通勤の途中でケガをした場合労災保険の対象となります。
 その場合まずは処置が必要になりますので当院へ受診してください。
②その後、事業者(雇用者)に労災保険の用紙をもらい、必要事項を記載の上、当院へお持ちください。
③治療費は労災保険の適用となりますので基本的にはかかりません。
④他院からの転院も可能です。

来院し受付されてから療養費支払いまでの流れ

リンク

ページの先頭へ