Menu

はり・きゅう

Home

アスリートのケアから腰痛・肩こり・関節痛・花粉症に

鍼灸担当 杉田昌彦 院長(鍼灸・マッサージ師)より
オリンピック選手や数々のアスリートたちをケアしています。スポーツ鍼灸・その他腰痛・膝や肩の関節痛・肩こり・花粉症などでお悩みの方はご相談ください。
近年鍼灸治療効果の研究が進み、NIH(米国 国立衛生研究所)では鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として鍼灸が有効であるという発表がありました。鍼灸治療は科学的根拠に基づいた治療法だと言えます。

当院イチオシメニュー

アスリートの鍼治療

・アスリートはハードなトレーニングを重ね、常に高いレベルで体調管理を行っています。アスリートにはトレーナーやスポーツドクター、管理栄養士など様々な職種の方々が関わっています。
その中で鍼灸の役割は大変大きく、痛みや疲労の管理に貢献できると経験上感じています。
     写真 リオ五輪銀メダル 樋口黎選手(左)・太田忍選手(右)

スポーツ障害(オーバーユース)に対する鍼灸

・シンスプリントや野球肘、膝蓋靭帯炎などの使い過ぎによる障害の治療も行います。
             写真右)北京オリンピック銅メダル 湯元健一選手

スポーツ筋疲労に対する鍼灸治療

・トレーニングによる筋肉の疲労(緊張やコリ)を鍼を使ってリカバリーします。
        写真右)ロンドン五輪銅メダル 松本隆太郎選手

足関節など捻挫の足関節捻挫に対する鍼治療

・足関節など捻挫の鍼治療~捻挫による痛みや腫れに対して電気鍼や皮内鍼を行います。

肉ばなれに対する鍼治療

・肉離れの鍼治療~急性期は抗炎症、亜急性期からは治癒促進を目的、後遺症に対しては瘢跟を小さくする治療を行います。

腰痛(スポーツ障害)

・競技特性から来る腰痛などに対するアプローチを行います。
              写真右)ロンドン五輪銅メダル湯元進一選手

花粉症耳鍼療法

花粉によるアレルギー症状を耳ツボを刺激する事により抑える治療法です。無痛鍼を耳につけるだけで鼻水・目のかゆみ・くしゃみなどを軽減または消失させる事を目的に行います。

オプションメニュー

吸角(きゅうかく)

カップを患部にあてポンプで吸引します、吸引する事で皮下の組織に緩みができ、強ばりやツッパリ感の改善を図ります。
写真右)レスリング日本代表 松本篤史選手

置き鍼治療【円皮鍼(えんぴしん)】

しつこい痛みや筋肉のコリの改善などに用います。3日~7日鍼をつけたままにします。通常の日常生活も送れ安全です。(円皮鍼にはチタン・ステンレスの2種類あります。)

■皮膚に対して垂直方向に刺入します。鍼の長さは0.6~0.9mmで刺す時の痛みは殆どありません。

置き鍼治療【皮内鍼(ひないしん)】

しつこい痛みや腫張・浮腫みなどの改善に用います。3日~7日鍼をつけたままにします。通常の日常生活も送れ安全です。

■皮膚に対して水平方向に刺入します。鍼の長さは約3mmで刺す時の痛みは殆どありません。

灸頭鍼療法

専用の鍼と艾を用います。しつこい筋肉のコリや神経痛の治療などに用います。艾と皮膚は2~3cmの間隔がありますので心地良い温かさで熱くありません。

MT温灸(エムティーおんきゅう)

専用の道具を用います。当院では主に眼瞼痙攣・緑内障・突発性難聴などの治療に用います。

太乙薬條灸(たいつやくじょうきゅう)

艾や薬草を紙で棒状に包み込んだ物で、着火した棒灸を経穴に近づけて温熱刺激を与え治療します。
太乙薬條は艾に丹参、当帰等の漢方を混合した薬條灸です。丹参(タンジン)は、鎮静・精神安定・鎮痛などの作用があり、当帰(トウキ)は子宮の機能調整作用、鎮静・鎮痛作用、利尿作用、ビタミンE欠乏症に拮抗する作用、抗菌作用などがあります。お灸には熱刺激の他にお灸の成分が皮膚から浸透する効果もあるという報告があります。

健康保険が使える鍼灸治療

腰痛症・五十肩・神経痛・頚腕症候群・リウマチ・頚椎捻挫後遺症
1. 神 経 痛・・・・・・・顔・胸・腕・腰。足など神経にそって痛むもの。
2. リウマチ・・・・・・・・手・膝などの関節がはれて痛むもの。
3. 腰 痛 症・・・・・・・腰が痛む、重い。
4. 五 十 肩・・・・・・・肩が痛み、手が上がらない。
5. 頚腕症候群・・・・・首・肩・腕にしびれや痛みがあるもの。
6. 頚椎捻挫後遺症 など・・・・・いずれも、慢性的な痛みです。
※同一病名ではなくてもこれに類似する症状をお持ちの方は保険治療の対象になります。

【治療開始までの手順】
当院での診察⇒医師への同意書作成(当院が作成します)⇒主治医に依頼書を渡してください⇒医師の同意⇒保険鍼灸治療開始

保険治療料金

※料金はおおよその目安です。治療内容により金額が変わる場合があります。
■1術(はり・きゅうのいずれか一方)
【初回】1割負担の方270円・3割負担の方790円
【2回目以降】1割負担の方130円・3割負担の方370円

■2術(はり・きゅう併用)
【初回】1割負担の方300円・3割負担の方900円
【2回目以降】1割負担の方160円・3割負担の方460円

自費料金

※治療内容により金額が若干変わる場合があります。
【1部位】1,620円~
【2部位】2,700円~
【3部位】3,780円~

船橋市 はり・きゅう・マッサージ等費用の助成

はり・きゅう・マッサージ等費用の助成
【助成する額】助成券(1回の使用)につき1,000円
【申請に必要なもの】年齢を確認できる保険証等・印鑑
【申請窓口】高齢者福祉課、船橋駅前総合窓口センター、各出張所・連絡所の福祉ガイドコーナー
【お問い合わせ】高齢者福祉課 高齢者福祉係 TEL 047-436-2352

※「船橋市老人はり・きゅう・マッサージ等費用助成券」を申請される方で前年度の住所が市外であった方は、前住所地で交付された非課税証明書も必要となります。
※「老々家族介護支援はり・きゅう・マッサージ等費用助成券」を申請される場合は、介護保険証もあわせてお持ちください。

【対象となる方:助成枚数(年度)】
●船橋市老人はり・きゅう・マッサージ等費用助成券
70歳以上の市県民税非課税の方:12枚

●老々家族介護支援はり・きゅう・マッサージ等費用助成券
65歳以上の高齢者のみの世帯において要介護2以上の認定者を在宅で介護している家族:24枚

●高齢者介護予防促進はり・きゅう・マッサージ等費用助成券
介護保険制度の「地域支援事業」として実施する介護予防事業等(注1)に、既定回数参加した65歳以上の方:12枚
(注1)包括支援課または各地域等で一定基準のもとに実施する高齢者の方が要支援・要介護状態にならないように運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上等を目的とした教室。

【規定参加回数】
実施回数が全8回以上の介護予防事業:8回以上参加
実施回数が全8回未満の介護予防事業:全回参加

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性が認められた疾患

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

リンク集

ページの先頭へ