Menu

設備案内・EMS

Home

IN BODY(インボディ)

IN BODY(インボディ)高精度体成分分析装置では以下の項目が測定できます。当院ではリハビリやEMS、体操教室の評価に使います。全身の筋肉バランスとその他内臓脂肪や基礎代謝量も分かります。

◎筋肉と脂肪の割合
◎除脂肪量・体水分・タンパク質・ミネラル
◎部位別筋肉バランス
◎全身筋肉バランス
◎部位別筋肉強度

その他糖尿病などの生活習慣病での体調管理などに利用されている方もおります。

こんな方が利用しています

1.リハビリの評価として利用

中高齢者の関節痛のうち、約8割以上の方が筋力不足に起因しているという報告があります。当院ではインボディで全身の筋肉バランスを測定して評価に活用しています。

2.糖尿病など生活習慣病の体調管理として利用

生活習慣病で一番の悩みと云えば運動です。当院では寝たままで運動効果があるEMS(Electrical Muscle Stimulation)筋肉増強法や五輪トレーナーによる体操教室に参加している方を対象に評価を行っています。

3.ロコモティブシンドローム予防として利用

ロコモティブシンドロームの予防の一環として筋肉量を測定し、弱った筋力を向上させるリハビリに用います。予防の近道は自分の筋力を知る事です。
高齢者の方にはお得な割引サービスが有ります!
ご利用料金 500円
測定は簡単です。靴下を脱いで5分間で計測できます。

InBody370 カタログ

InBody370 カタログ

デジタルチラシをご覧いただくためには、Adobe Readerのインストールが必要となります。
Adobe社のサイトにて無償でダウンロードすることができます。
Adobe Reader ダウンロードはこちら>

特殊電気治療

さらに高い治療効果を目指して特殊物理治療機器を用意しました

トップアスリート達に愛用されている治療機器

様々なスポーツの日本代表選手達が最高のコンディションで試合に臨む世界的な大会。
伊藤超短波は、その舞台裏で選手達をサポートしています。 医療とスポーツ、両分野で培ったノウハウで世界に挑む選手を治療とコンディショニングを通じて応援してきました。

伊藤超短波・スポーツプロジェクト>

ハイボルテージ療法(高電圧電気刺激療法)

☆総合電流刺激装置 ES-520・530☆
痛みの抑制・筋肉をほぐす~変形性関節症・五十肩・成長痛などに

150ボルト以上の電気刺激が体の深部にある組織を刺激します。高電圧といっても、あまりビリビリ感が少なく、身体に余計な負担をかけません。

立体動態波療法

◇ステレオダイネーター 828・ES-530
痛みの抑制・筋肉をほぐす・筋肉増強~変形性関節症・五十肩・成長痛などに

立体動態波という特殊な中周波を使って神経や筋肉を直接刺激します。
急性、慢性症状を問わずケガや痛みの治療に活躍しています。

マイクロカレント(微弱電流)療法

骨折・捻挫など、損傷した組織に微弱電流を流すことで損傷組織の修復を促進する治療法です。冷却療法と併用することで腫れや痛みを早期に解消することを目的に行います。
微弱電流は身体に何も感じない安全な治療法です。

ステレオダイネーター

三次元空間を流れる中周波の重なり合いで、あらゆる組織への刺激を可能にします。

総合電流刺激装置(ES-520)

4極干渉波/2極干渉波/TENS/EMS/RUSSIAN/MCR/Hi-Voltageの7つの電流刺激モードを搭載

コンビネーション刺激装置 EU-940

4チャンネルの電流刺激と2周波超音波刺激による複合型のコンビネーション治療が可能。
簡単操作で多彩な治療を実現したイトーのフラッグシップモデル。

総合電流刺激装置(ES-530)

◇立体動態波Rモード[立体動態波R刺激療法]
3次元で干渉した中周波が患部を刺激。周波の浸透している範囲で電極間に刺激を与えることで、細胞面が刺激され鎮痛などの効果を発揮します。また、深部刺激に適しており、関節内への治療も行えます。さらに、TP NAVIによる簡単な切り替え操作で、体内深部から表面細胞へと刺激装置を移動させる治療が可能です。

◇3DMENSRモード[立体動態波R刺激療法・マイクロカレント療法]
立体動態波Rモードの1/1,000の0~1,000μAという微弱な電流を流し、刺激を与えます。MCRモードを立体動態波Rで行う世界で初めての伊藤超短波独自の治療モード。MCRモードより深い部位の治療が可能です。

◇Hi-Voltageモード[高電圧電気刺激療法]
高電圧の刺激が深部に浸透。疼痛の軽減や血流量増大、治癒促進などに利用できます。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。

◇MCRモード[マイクロカレント療法]
μA(10-6A)という微弱な電流で、損傷の治癒を促進。スポーツ後の筋肉痛の軽減に適しています。また、感覚閾値下刺激で、顔面周辺や創部周辺への治療に最適です。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替えられます。

◇4極干渉波モード[干渉電流刺激治療]
皮膚刺激が少なく、深部にまで効果を発揮。4つの電極で治療するため、肩全体など広い範囲の治療に適しています

◇2極干渉波モード[干渉電流刺激治療]
皮膚刺激が少なく、深部にまで効果を発揮。2つの電極で治療するため、腕などの局所の治療に適しています。

◇Pro-EMSモード[神経筋電気刺激療法]
筋収縮を引き起こし、筋力を強化。医療や健康科学、スポーツ科学の幅広い分野に利用されています。2チャンネル独立使用/並列使用/交互使用が可能です。

◇Russian-EMSモード[ロシアン筋刺激]
ロシアンカレントで筋肉を刺激。2チャンネル独立使用が可能です。

◇TENSモード[経皮的電気刺激療法]
電気刺激を加えて疼痛を抑制。コンスタント・スウィープ・バーストの3種類の刺激が選択可能です。

一般保険治療

・・名物「しばやまの足湯」・・

硫黄の成分を入れたお湯に足をつけ、身体までポカポカ。
冷え性や足のリハビリに用います。(湯色は撮影のため着色しています。本来は白濁色です)

超音波

炎症を抑え・痛みの抑制、筋肉をやわらげる、損傷組織修復の促進など
1MHzと3MHzの2種類の超音波を症状部位に分けて使用します。超音波は1秒間に100万~300万回の細かい振動で身体にはほとんど何も感じません。

【適応疾患】
筋膜性の痛み・関節拘縮・骨折の治療やリハビリ・関節炎・肉離れ・打撲・捻挫・変形性膝関節症

クライオセラピー(冷却療法)

鎮痛効果、炎症の抑制、筋肉の緊張緩和、ケガの初期治療など

患部を冷却することで、ケガによる内出血を抑え、腫れを早期に減退させます。
また、温熱療法と組み合わせることで、むくみの改善にも使用されています。
骨折や脱臼を整復するときに麻酔の代用として使うこともあります。

その他のクライオセラピーとして、アイスマッサージ、クライオキネティック、クライオストレッチなどメニューは豊富です。

干渉波

痛みの抑制・骨折の治癒促進など

周波数の異なる電流を流すことで発生する干渉低周波は低周波と比べ周波数が高いため皮膚に感じるビリビリ感が少なくてすみます。

極超短波・超短波

マイクロ波、超短波はともに身体の中に到達する途中で熱に変換されるため、身体の深部まで温めることが可能です。
赤外線やホットパックでは熱が脂肪組織で吸収されてしまい深部にある筋肉などを十分に温められません。

低周波

筋肉や神経の走行上や経穴(ツボ)に電気を流すことにより、患部の痛みを緩和させます。

低周波・トリオ 300

鎮痛メカニズムに基づく「TENSモード」、「EMSモード」、鎮痛・治癒促進効果のある「MCRモード」の3モードを搭載し、幅広い本格的な治療を可能にしました。
持ち運びにも便利なコンパクトサイズで、スポーツトレーナーなどにも多くご愛用いただいています。

マイクロカレント(微弱電流)トリオ 300・ATミニ

渦流浴

手のこわばりの改善や骨折などのリハビリに使用します。
また冷水と組み合わせることでむくみの改善にも使います。

【適応疾患】
手指の骨折リハビリ・慢性関節リウマチ・変形性指関節症・野球肘(テニス肘)

院長お気に入りの治療機器メーカー

ページの先頭へ