Menu

骨折を早く治す治療

Home

骨折を早く治したい方へ  

これまで骨折の治りを早めるという治療法はありませんでした。従来の骨折治療では、整復(骨折を元の状態に戻す)し、ギプス固定を行って骨がくっつく(癒合)まで待つというものでした。しかし最近では、超音波が骨の癒合を早める事が報告され、臨床応用されるようになってきました。骨折治療に超音波を用いると、ただ骨の癒合を待つよりも短期間で治り、海外の臨床試験では骨折の癒合日数を約40%も短縮できたという結果が出ています。

骨折・不全骨折・疲労骨折の治療は接骨院・整骨院(柔道整復)でも保険が使えます

骨折を早く治す低出力超音波パルス療法とは?

サッカーのベッカム選手や野球の松井秀喜選手達が以前骨折した際、早く試合に復帰したいために、この超音波治療法を行った事で有名になりました。
LIPUS(Low Intensity Pulse Ultra Sound-wave)・低出力超音波刺激療法
この超音波骨折治療器は骨折を早く治す機械・治療法です。パルス状の低出力超音波刺激が骨癒合を促進すると考えられ、超音波の音圧効果が骨折部位の骨形成を促進し骨癒合期間を約40%短縮します。

※超音波の出力は、肝臓検査に使うものと同レベル程度で、人体への副作用はまったくありません。

骨がつくまでじっと待つ治療は過去のもの?

骨折をしてしまったけど、なるべく早くスポーツ再開したい、早く職場に復帰したい方には是非おススメです。
超音波骨折治療法は、低出力超音波を1日1回20分間、骨折部に当てることで骨折治癒を促進する治療法です。

この治療法の効果は複数の臨床試験で証明されており、海外で行われたプラセボ対象の二重盲検比較試験で、骨折の治癒期間を約4割短縮する効果が証明されています
※二重盲検比較試験・・・プラセボ効果が起こらないように、被験者、試験実施者とも、実際に誰が治療を受けているかが分からないように行う試験
※プラセボ効果・・・治療を受けているという思い込みだけで実際に効果が得られる事

柔道整復師は骨折治療の専門家です

柔道整復師は捻挫や打撲などはもちろん、骨折や脱臼を整復・治療する国家資格を持つ専門家です。当院では近隣の整形外科様と連携を取りながら、骨折患者様の治療を行なっております。

骨折治療の流れ

●骨折受傷後、病院や他の接骨院(整骨院)で処置を受けなかった場合
当院にて処置(整復・固定)→当院で紹介状を作成し整形外科で診察を受けて頂きます→その後医師の同意を頂ければ、今後当院での治療が可能になります。
※初回応急手当てを除き、接骨院で骨折の治療を受ける場合医師の同意が必要になります。

●転院の場合
すでに他の病院または接骨院(整骨院)で手当を受け、転院する場合は、
①病院からの転院・・・・担当医に当院へ転院する旨を伝えてください。
②接骨院からの転院・・新たに医師の同意が必要になる場合がございます。予め医師の同意を得られる場合を除き、まずは当院にご相談ください。

労災~仕事中、通勤途中で骨折をしてしまった

①お仕事中や通勤の途中で骨折をした場合労災保険の対象となります。
 その場合まずは処置が必要になりますので当院へ受診してください。
②その後、事業者(雇用者)に労災保険の用紙をもらい、必要事項を記載の上、当院へお持ちください。
③治療費は労災保険の適用となりますので基本的にはかかりません。
④他院からの転院も可能です。
詳しくは当院HP『労災』のページでご覧ください。

自賠責保険~交通事故で骨折をしてしまった

車やバイクの事故で骨折をしても、接骨院で自賠責保険を使った治療が受けられます。
肋骨骨折・鎖骨骨折・上腕骨骨折・膝蓋骨骨折・大腿骨骨折・下腿骨骨折など
詳しくは当院HP『交通事故』のページでご覧ください。

疲労骨折で早く現場復帰を希望する方に

疲労骨折とは??

ランニングやジャンプなどスポーツ活動の繰り返しで体(骨)の同一部位に負担がかかる事により微細な骨折が生じ、修復しないうちに更に負荷がかかるため程度が進んでしまい、この結果疲労骨折に至ってしまいます。

●症状
.主に運動などで痛みが生じ、一般的な骨折とは異なり大きな外力ではなく、運動の継続により局所に痛みが増強する場合は本症を疑います。
限局性の軽度の腫れ・軽く押えるだけで飛び上がる様な痛み又は痛みから少し離れた場所を軽くたたくと骨折部に痛みが響くなどです。
●好発部位
第2中足骨(足の甲付近)・両下腿骨(脛骨や腓骨)、肋骨、足関節内果(内くるぶし)、尺骨(肘~手首の間)
●検査と診断
レントゲン検査(初期には分からないこともあります)、骨シンチグラフィー、MRI(これらは、初期でも分かります)

ランナーの疲労骨折

ランナーの疲労骨折
脛骨内側の疲労骨折
①疾走型
疾走型はランニングの繰り返しなどで起こり、脛骨上1/3または下1/3境界部に主に発生します。
②跳躍型
跳躍型はジャンプの繰り返しなどで起こり、脛骨の中1/3に発生します。
※跳躍型はバレーボール選手などに多く見られます。

疲労骨折は使い過ぎによって起こります

疲労骨折はいわゆる使い過ぎ(オーバーユース)で発症します。低出力超音波治療で折角治っても、同じように練習していては再発する危険性があります。
当院ではトップアスリートをケアした経験を活かして、再発予防のための体作りを行います。在籍するアスレティックトレーナーやパーソナルトレーナーがケガをしない体作りのお手伝いをいたします。

疲労回復のケアもおススメです

スポーツにおいて、疲労の蓄積はパフォーマンスの低下を招くだけでなく、ケガや障害の原因になります。
当院では、鍼灸や筋膜リリース、その他超音波を用いた疲労回復ケアを行っております。

骨折を早く治す低出力超音波パルス治療

当院おススメの骨折を早く治す自費コース
低出力超音波パルス治療
20分・540円(税込)/1回
※保険窓口料金が別途かかる場合があります。

疲労骨折からの箱根駅伝復帰を強力サポートしました!

低出力超音波パルス療法で箱根駅伝出場をサポート

地元、飯山満(はさま)出身の花澤賢人(順天堂大学)選手は大会直前に脛骨跳躍型疲労骨折になり、出場が危ぶまれました。しかし、LIPUS療法の導入などにより、治療とリハビリに励み無事に第94回箱根駅伝大会に出場エントリーすることが出来ました。

治療を終えて、花澤賢人選手のコメント

『感想としては、ピンポイントで固定し、治療が出来るため、非常に簡単でした。また、毎日使用していると徐々に痛みは引いていく感覚がありましたし、以前疲労骨折した時より治りは早かったように感じました。本当にありがとうございました。』

ページの先頭へ