船橋市 整体 マッサージ はり 出張 リハビリ しばやま鍼灸接骨院

船橋市 はり 整体 マッサージ 出張 リハビリ

船橋市 整体 マッサージ はり 出張 リハビリ しばやま鍼灸接骨院

リハビリ

  • 『しばやま鍼灸接骨院』でやりたいこと!

    リハビリ担当 中島功二(理学療法士・アスレティックトレーナー)より
    『接骨院で行うリハビリ』
    ●経験豊富な理学療法士がマンツーマンで行うリハビリです。麻痺や運動不全など病院は卒業したけど自分では中々出来ない方・病気ではなくても身体機能の低下が不安な方などお気軽にご相談ください。
    ・同じ理学療法士が行うリハビリだけど『病院とはココが違う!』
    ○年間地元密着型でリハビリテーション(運動療法)を行ってきて、当初の目標であった『病院に行くほどでもないけど理学療法士を身近に、気軽に利用してもらいたい』を少しずつ実現できている次第です。
    また、自費という限られた範囲ですが、しばやま鍼灸接骨院で行えるのは整形疾患だけでなく『中枢疾患』(脳梗塞やパーキンソン病、廃用症候群)にも対応できる事を皆さんに理解していただけたらと考えています。

こんな方が利用しています

  • どんなときにするの?

    ・自分だけでは難しいから、出来ない運動を手伝って欲しい
    ・リハビリのやり方が自分に合っているのか不安
    ・正しいリハビリのやり方を教えて欲しい。
    こういった相談もわざわざ病院で長い時間待たされ診察を受けなくても、自宅の近くに居る理学療法士に話して欲しい。また症状の変化や新しい痛みに対しても迅速に対応出来る所も大きな違いだと思っています。
    退院や通院卒業後の時間の方が長いという事をどうか忘れないで下さい。相談機関はすぐ傍にあります。少しでも不安になる事があれば、遠慮なく相談にいらして下さい。

新しいリハビリ「電気運動療法」

  • 電気運動療法とは

    『当院独自の治療法』
    当院には様々な物理療法機器が設置してありますが、これらを運動療法と組み合わせて行うと、痛みを抑えながらリハビリが行える事と短時間に抑えられるというメリットがあります。また通電する事により、神経痛等をブロックし痛みを軽減させる事が出来ます。
    最近では慢性的な疾患の代表とも言える『腰痛』にも使用して結果を見せています。

    適応症状:いわゆる肩こり・腰痛・坐骨神経痛(椎間板ヘルニア・狭窄症)・胸郭出口症候群・内外側上顆炎(ゴルフ・テニス・野球肘)・アキレス腱炎・膝外靭帯炎(ジャンパー膝・オスグット病含む)etc…

メディカルリハビリテーション

  • メディカルリハビリテーションとは

    ケガや関節疾患の痛みや腫れの治療を行ないながら、関節可動域の改善、筋力低下防止などの運動療法を行います。快適な社会生活を送れるようにお手伝いします。
    ケガの他にも五十肩・変形性膝関節症、股関節症などの慢性的な痛みにも対応します。

  • どんなときにするの?

    骨折のギプス除去後や捻挫の固定除去後、または痛みや腫れを伴う関節痛など局所の治療や運動療法などを行い日常生活復帰を目標とします。
    また、固定中においても動かせる部位を動かす事により、腫れ・むくみ・筋力低下を予防することが出来、固定除去後のリハビリがスムーズに進行し、早期復帰に役立ちます。

    【こんなケースでは】 例えば、お年寄りが転んで膝を打ってしまい、内出血と腫れ、痛みで歩行が困難になったとします。急性期は当然冷却・圧迫・安静(固定)を行います。この時期は患部を安静に保ちつつ、痛みや炎症に対する治療を行ないます。出血や炎症の進行期は3日くらいで治まりますので、筋力低下防止の運動を行ないます。
    ある程度動かせるようになったら、運動療法などを取り混ぜ日常生活で歩ける・屈めるなどを目標にリハビリを行います。
    膝の痛みが治り日常生活も支障なく過ごせるようになった。めでたし、めでたしメディカルリハビリテーションは卒業です。・・・しかし、実はこのお年寄りは卓球オールドベテラン日本チャンピオンだったとします。こうなると競技に復帰するためには患部だけではなく体の他の部分(良い方の下肢や体幹など)のリハビリをしなくてはなりません。ここからがアスレティックリハビリテーションになります。

  • 大胸筋の他動ストレッチ

    主に動かす関節:胸鎖関節を中心とした3Dに動かすストレッチ

  • 菱形筋の他動ストレッチ

    主に動かす関節:肩甲胸郭関節を中心とした肩甲骨の前方突出(外転)後方突出(内転)をさせるストレッチ

  • 側臥位での肩関節外転の他動ストレッチ

    主に動かす関節:肩甲上腕関節を中心に外転運動をさせる際に、肩甲骨の上方回旋を抑え、棘下筋・小円筋・上腕三頭筋のストレッチ

  • 背臥位での肩関節屈曲の他動ストレッチ

    主に動かす関節:肩甲上腕関節を中心に屈曲運動をさせ、角度を調節して大胸筋のストレッチを行うが、本命は肩甲上腕関節の関節包内運動(滑り)を目的に行います。

  • 立ち上がり運動(筋トレ)

    大腿部の筋トレを主とした運動だが、重心の前方移動・足底への感覚入力も同時に行える筋トレで、片麻痺やパーキンソン病といった症例にも使われる運動療法です。

  • SLR(ストレート・レッグ・レイズ)(筋トレ)

    主に大腿四頭筋の筋トレ(メインは大腿直筋)反対側の下肢を曲げ、腰部に負担がかからないようにし、腰痛疾患を持った患者様や膝関節の動きを出さないことにより、膝痛を持った患者様にも行える筋トレです。

  • ブリッジ(筋トレ)

    主に大殿筋の筋トレ。膝関節の角度によって大腿四頭筋・ハムストリングを主とすることが出来、体幹を上げる高さによって脊柱起立筋の筋トレも可能な運動。

  • PNF(屈曲パターン)上肢

    PNF(固有受容性神経筋促通法)。主に全身運動を目的とし、神経・筋肉を促通させる運動法。写真では三角筋(前部)・大胸筋・腹直筋・腹斜筋・腸腰筋を主としているが、伸ばしている右下肢にも刺激が入るため、全身運動へとつながります。

ページの先頭へ

アスレティックリハビリテーション

  • アスレティックリハビリテーションとは

    アスレティック・リハビリテーション(以下アスリハ)は、メディカル・リハビリテーションの後(時に並行して)などに行う競技(職場)復帰を目標にしたリハビリで、再発や予防を含め、体全体を上手く動かせるための高度なトレーニングを行います。
    先述した卓球チャンピオンのお年寄りを例にすると、ケガは治り日常生活も何とか過ごせるようになりました。久しぶりに卓球の練習に参加すると直ぐに息が上がってしまい、膝に不安感を覚え、球に上手く反応が出来ませんでした。
    そうなると次の問題点が浮かび上がります。
    ・息が上がってしまう
    ・膝の不安感
    ・球への反応
    これらの問題点を克服し、競技への復帰を目指すのがアスリハです。

  • 目指すところ

    ■ケガをした部位を含め、それ以外の部位のコンディションを向上させる
    ■傷害部位と健常部位との連携動作の向上
    ■ケガにつながる身体的原因や動作的原因を改善する(投球動作やランニング動作、シュートやショット動作など)

  • ローテータカフ、トレーニング

    主に棘下筋・小円筋の筋トレ。強負荷では得られないトレーニングを患者様とマンツーマンになって、適度のチューブを選択しトレーニングを一緒に行っていきます。

  • バランスボール・リーチアップクランチ

    バランスボールに座り、身体前面の安定性を高める腹横筋・腹直筋トレーニング。

  • PNF(屈曲パターン)下肢

    写真では前脛骨筋・縫工筋・腸腰筋・外旋六筋・脊柱起立筋を主としているが、支えている左下肢、両上肢に刺激が入るため全身運動へとつながります。

  • 体幹の回旋とリーチ運動

    体幹の回旋によりストレッチを行い、リーチ運動をする事により平衡感覚も同時にトレーニング出来ます。また足が地面に接地させずに行う場合は腹部への筋トレにもつながります。

  • 体幹の伸展運動

    単純なバンザイ運動ですが、腰椎の前弯(伸展)、胸椎の伸展が上手くできなければ、この運動は行えず、背部の伸筋群の筋トレと同時に脊柱の動きを誘導し可動性を獲得させる運動です。

  • 片足 ヒップリフト

    片足の支持基底面で、身体後面の安定性を高める臀筋トレーニング。

  • サイドブリッジ

    身体側面の安定性を高める腹斜筋トレーニング。

EMS(Electrical Muscle Stimulation)筋肉増強法

  • 30分寝ているだけで800回の腹筋運動!メタボリックシンドローム対策にどうぞ!

    ★筋肉が強くなることで同じ動きをしていても代謝量が異なる
    ☆腹筋不足で前かがみ姿勢になりやすい人は姿勢が矯正される
    ★腰痛の要因の殆どは腹筋不足が関係しており、腰痛を改善・予防できる
    ☆腸の蠕動運動が活発になり排便を促進する
    ★腹筋不足で発声の弱々しい人は聞こえやすい声が出るようになる

ページの先頭へ