船橋市 整体 マッサージ はり 出張 リハビリ しばやま鍼灸接骨院

交通事故 ケガ むち打ち 頚椎捻挫 治療 船橋市 接骨院 はり リハビリ

船橋市 整体 マッサージ はり 出張 リハビリ しばやま鍼灸接骨院
  • 腰の痛みでお悩みの方へ  

    腰の痛みといってもその原因により病名は様々で、腰痛の統計では原因が特定できる腰痛が15%しかないといわれています。残りの85%が原因が特定できない「特発性(とくはつせい)腰痛」と呼ばれます。
    私達は、ぎっくり腰や脊柱管狭窄症、腰部椎間板ヘルニアやその他の腰痛に対して痛みの改善や再発予防に取り組んでいます。経験豊富な専門スタッフがはりきゅう、リハビリ、整体、更に立体動態波やハイボルテージ療法など豊富な医療機器を駆使して治療をしています。

腰痛・腰の痛み

接骨院・整骨院(柔道整復)で保険が使える腰痛治療

  • 明確な受傷原因があれば接骨院での保険適用が認められます

    接骨院で医療保険の適用は、例えばこんな場合です。
    ●荷物を持ったら腰が痛くなった
    ●掃除機をかけたら痛くなった
    ●転んで腰を打ったなど
    明確な原因で腰を痛めた時は医療保険が使えます。

  • 腰部捻挫・ぎっくり腰・急性腰痛

    腰椎捻挫とは言葉通り腰椎に過剰な力が加わって発症するものです。いわゆるぎっくり腰(急性腰痛症)と同等に考えても良いかと思います。
    狭義のぎっくり腰では痛み等の症状はあるのに、画像検査(X線やMRIなど)でも異常が認められず、原因が特定できないものを指しますが、「異常が認められない」とは言っても腰と周辺の筋肉・靭帯・椎間板・椎間関節などに原因があると推測できるけど、それがどこか特定できないという事です。腰椎捻挫では腰椎周囲の靱帯などの損傷を意味しますが、ぎっくり腰の場合は、ほとんどが椎間関節の亜脱臼によるものではないかと考えられています。
    写真右)北京五輪銀メダル 湯元健一氏(現日本文理大職)

  • 接骨院で保険が使える腰痛治療その他

  • 1.腰背部筋挫傷、筋・筋膜性腰痛

    筋挫傷とは肉離れの様な状態です。重い物を持った時、急に姿勢を変えた時などに腰周りの筋肉や筋膜が損傷・炎症などを起こして発症します。筋・筋膜性腰痛も同様と考えて差し支えありません。その症状は損傷の程度によりズキズキとした明確な痛みから筋肉痛の様なダルイ痛みなど様々です。初期の症状が軽いと、疲労と勘違いして後になって痛みが強くなり来院するケースがあります。ケガは早期治療が大切です。自己判断せずに専門家である柔道整復師に相談してみましょう。

  • 2.腰部打撲・腰椎骨折・圧迫骨折

    ①腰部打撲
    主に転倒や背部からの衝突などにより尻もちをついたり、背中から落ちたり、ぶつかる衝撃などで受傷します。腰の痛みの他、衝撃により腎臓など臓器損傷を伴う場合もあります。打撲や骨折の痛みは比較的限局性なものに対し、腎臓損傷を伴うと時間の経過と共に痛む場所が腰からその周辺に広がる傾向にあります。加えて血尿・血圧低下・脈拍が早くなるという場合には迷わず病院で診察を受けてください。
    ②腰椎の骨折
    ・腰椎椎体圧迫骨折
    下部胸椎と上部腰椎付近の胸腰移行部に好発します。背骨に対し垂直方向に力が加わり、椎骨の椎体という部分が潰れる様に骨折します。受傷直後では、レントゲン画像でも確認できないことがあります。骨粗鬆症の場合クシャミやバスの振動で発生する事もあります。
    ・腰椎横突起(ようついおうとっき)骨折
    腰椎の横突起は椎弓という部分から横に突出する突起で、腰方形筋(ようほうけいきん)・大腰筋(だいようきん)が付着しています。これらの筋肉が急激に収縮したり、その部分に直接外力が加わったりして発症します。

  • 労災~仕事中、通勤途中で腰を痛めた

    ①お仕事中や通勤の途中で腰にケガをした場合労災保険の対象となります。
     その場合まずは処置が必要になりますので当院へ受診してください。
    ②その後、事業者(雇用者)に労災保険の用紙をもらい、必要事項を記載の上、当院へお持ちください。
    ③治療費は労災保険の適用となりますので基本的にはかかりません。
    ④他院からの転院も可能です。
    詳しくは当院HP『交通事故・労災』のページでご覧ください。

  • 自賠責保険~交通事故で腰を痛めた

    船橋市しばやま鍼灸接骨院では、車やバイクの事故で腰を痛めた場合も、接骨院で自賠責保険を使った治療が受けられます。
    腰部捻挫・打撲・腰背部挫傷など
    詳しくは当院HP『交通事故・労災』のページでご覧ください。

はりきゅうの保険が使える腰痛治療

  • 慢性腰痛・腰痛症~はりきゅうの保険が使えます

    腰痛症は大きく急性腰痛と慢性腰痛の2つに分けられます。急性腰痛は、いわゆるギックリ腰と云われます。
    慢性腰痛は原因を問わず「少なくとも6ヶ月以上持続する腰痛」を指します。その原因には、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、腰を手術した後の腰痛などがあります。更に痛みが長期する事で精神的な要素が加わり痛みを助長する場合もあります。
    これら腰痛症ははりきゅう治療の適応となり、医療保険が適用されます。また船橋市が発行する「はりきゅうマッサージ助成券」も使えます。詳しくは「はり・きゅう」のページをご覧ください。

保険を使わない腰痛治療

  • 腰痛のリハビリ・運動療法

    理学療法士による運動療法
    当院では、電気治療で痛みを軽減し、冷却療法で炎症を抑え、温熱療法で血行を促し更にリハビリや運動療法で現場復帰や再発予防に取り組んでいます。
    ●理学療法士によるリハビリ・運動療法(自費)
    ・身体評価を行います
    ・リハビリ・運動メニューを作成します

  • 腰の電気運動療法

    腰痛の電気運動療法
    立体動態波やハイボルテージなどを用いたり、超音波や天然鉱石ホットパックを組合せたりして痛みを抑制しながら運動療法を行います。当院では臨床経験豊富な理学療法士が正確な身体評価を元に物理療法と運動療法の専門知識を用いた治療を行います。

    ※写真は電気運動療法の一例です。当院では個々の腰痛に対して、適切なメニューを選び治療を行なっております。

  • 椎間板症(ヘルニア含む)の電気運動療法

    椎間板症とは名前の通り椎間板にストレスが加わり痛みを生じる疾患です。椎間板はクッションとして働く器官として有名ですが、長時間の圧迫には弱いとされています。その為長時間の同姿勢を取る事により発生しやすいです。姿勢により腰椎の彎曲(自然な反り)が減少する事が要因とされ、腰や腹圧の低下で引き起こされやすい為、EMSによる腹圧の上昇をさせながらの運動療法や腰部周囲筋の筋力トレーニングを行い椎間板の除圧をしながら患部への超音波治療が有効です。

  • 腰部脊柱管狭窄症の電気運動療法

    脊柱管狭窄症は神経の通り道である脊柱管というトンネルが何らかの原因で狭く細くなってしまう状態を指します。その為、腰を反らせる動作を行うと痛みや痺れといった現象が起きます。基本骨盤を後ろへ倒すような事が求められ腹筋運動や腿裏のストレッチ等を行いますが、狭窄症の場合はそれだけではなく正常な腰の反りも必要となる為、反対にあたる腿前のストレッチも大切になります。しかし、痺れ等を訴えストレッチがなかなか行えない時に、特殊電気であるハイボルテージや立体動態波を通電させながら行う事により痺れを緩和させながら運動を行う事が出来ます。

  • 保険を使わない腰痛治療

    当院では、慢性腰痛など保険を使わないおススメ自費コースもございます。
    マッサージ+ONE(マッサージ プラスワン)
    電気治療+冷罨法OR温罨法+超音波療法+けん引療法+マッサージORストレッチ(10分)
    ※下記メニュー①~④からお体の状態に合わせてチョイスいたします。
    ※電気治療
    ①温熱治療~磁器加振式温熱治療・ホットパック・超短波・極超短波
    ②冷却治療
    ※温熱・冷却治療は患部の状態に合わせて使い分けます。
    ③電気治療~干渉波・低周波・マイクロカレント
    ④超音波

    1,220円(税込)
    治療にかかる時間~約40分前後

    ≪マッサージだけして欲しい!≫という方には
    治療マッサージ(10分1080円~)がおススメ!
    ※治療マッサージとは慰安目的ではなく、治療を第一目的としたマッサージです。

腰の様々な症状と疾患

  • 腰部脊柱管狭窄症

    脊柱管とは脊髄が通るトンネルです。様々な原因(背骨の変形・椎間板の膨隆・黄色靱帯肥厚など)により脊柱管が狭くなって(狭窄)、神経が圧迫を受け、更に神経の血流が低下して主にふとももや膝から下にしびれや痛みが出たり、歩くのが辛くなったりします。この病気に特徴的な「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」があります。これは、痛み等により長い距離を続けて歩くことができず、休息をすると楽になりそれをを繰り返す事を云います。

  • 腰部椎間板ヘルニア

    椎間板は線維輪と髄核(ずいかく)から構成され、背骨と背骨をつなぎ、クッションの役割を持ちます。ヘルニア(hernia)とは、本来あるべき部位 から「脱出・突出」した状態を意味します。椎間板ヘルニアは椎間板の一部が出てしまい、神経を圧迫し腰や臀部、下肢に痛みやしびれ、足に力が入りにくくなるなどの症状が出ます。

  • 変形性脊椎症

    変形性脊椎症は、脊椎を構成する椎間板が変性し背骨同士の間隔が狭くなった結果、椎体の縁に骨棘(こつきょく)が形成され、神経や脊髄が圧迫されて痛みなどが起こる。しかし変形があるからといって必ずしも痛みが出る訳ではなく初期の場合は無症状の事もあります。主に頸椎と腰椎に起こり、前者を変形性頸椎症、後者を変形性腰椎症と呼びます。

船橋市のしばやま鍼灸接骨院の腰痛治療 立体動態波・ハイボルテージ療法

  • 立体動態波療法

    3次元の電気刺激療法を患部にあて痛みの改善や筋力向上に用います。かつてない効果と効率を異なる方向に3つの中周波を流し干渉させることで立体的な治療を可能にしました。

  • ハイボルテージ療法・Hi-Voltage(高電圧電気刺激療法)

    ハイボルテージ療法は高電圧電流の刺激が深部に浸透し、疼痛の軽減、治癒促進などを目的に行う治療法です。従来の電気治療法に比べ、皮膚の電気抵抗が少ないためビリビリ感を抑え深部組織まで刺激を到達させる事が可能になりました。

骨盤の歪みや姿勢からくる腰痛に対する治療 整体・筋膜リリース

  • 腰痛に対する整体

    プログレ整体は、これまでレスリングのトップアスリートのケアで培ってきた『骨盤と背骨の歪みを整える』+『体幹(コア)を鍛える』を専門に行なう整体です。一般方からスポーツ選手まで体の動きの変化を実感できるトレーナー加藤独自の骨盤調整法を是非お試しください。

  • 骨盤の歪みと腰痛

    お客様が今まで気づかなかった体の歪みを確認しながら、分かりやすく説明して施術を行っていきます。 特に、骨盤の歪みはデスクワークで起こる猫背姿勢や日常生活や肉体労働で繰り返される中腰・前かがみ作業などで『適切な骨盤の動きや傾き』と『筋バランス』が崩れ、慢性腰痛の原因に繋がりやすいです。

  • 骨盤・背骨の歪み矯正

    歪みを整えるだけでは、すぐに体のバランスが崩れてしまいます。当院では、トレーナー加藤・オリジナル体幹メゾッドで調整された状態が持続し、腰痛・背骨のこわばり改善へとサポートします。

  • 当院の整体は安全です

    当院では患者様の安全を第一に考え治療を行なっています。医療機関との連携を取るのは勿論の事、治療に関する情報を全てのスタッフが共有しながら仕事を進めています。
    腰痛に対する整体や筋膜リリースも禁忌や目的を明確にし最善の注意を払って行っています。

    ※写真下・左より
    ロンドン五輪銅メダル 湯元進一選手・北京五輪銀メダル/ロンドン五輪出場 湯元健一選手・前田翔吾選手

ページの先頭へ